医療法人深緑会 田邊整形外科医院

手術・治療のご案内TREATMENT

経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)について

PLDDとは

PLDDとは

PLDDとは、Percutaneous Laser Disc Decompressionの略で、日本語にすると経皮的けいひてきレーザー椎間板減圧術ついかんばんげんあつじゅつといい、椎間板ヘルニアをレーザー照射によって治療する方法のことです。

外科的手術に比べ、身体や時間の負担が軽い

MED法やLOVE法などの外科的手術の場合、安静期間やリハビリ期間を含めると、約1ヶ月間の入院が必要となりますが、PLDDの場合は、15~30分程度と施術時間が短く局所麻酔でおこなうため、日帰りでの治療が可能です。

こんな方におすすめ

  • 椎間板ヘルニアが原因で慢性的な腰痛に悩まされている方
  • 高齢の為、ヘルニアの手術が受けられない方
  • 術後、日常生活や仕事への早期復帰を希望される方
  • 糖尿病や高血圧の病気をお持ちで合併症のリスクがある方

PLDDのメリット

手術時間が短い

局部麻酔で、レーザーの照射時間は1カ所15分前後。手術は約30分程度で終わります。
入院する必要がなく、その日から普段通りの生活をお送りいただけます。

傷痕(手術痕)が目立たない

切開しないで、レーザーファイバーを通す為の1mm程度の穴が開くだけなので、ほとんど出血がなく、手術痕も残りにくいです。

体への負担が少ない

PLDDの手術は、全身麻酔を必要とせずに手術時間も短いので体への負担が少ないです。

合併症のリスクがない

糖尿病・高血圧等の病気をお持ちの方やご高齢の方も安全に治療を受けられます。

PLDDのデメリット

全ての椎間板ヘルニアが実施可能なわけではない

椎間板に繊維輪という膜が残っていない場合は施術できません。

健康保険非適用

自由診療の為、健康保険は適応されません。

PLDDの適応について

PLDDは、全てのヘルニアに対して有効というわけではないので、まずは診察と検査(MRI・椎間板造影など)をおこない、患者さまにとってPLDDが最適な治療法なのか?総合的に判断させていただきます。

又、PLDDによる治療が適応外の場合であっても、他の最適な治療法をご提案させていただきます。

PLDDの治療について

局所麻酔をおこない、背中から椎間板の中にレーザーファイバーを刺し、レーザー照射によって、髄核の一部を蒸発させて空洞をつくることで、脊髄の圧迫を除去します。

PLDDとは
手術時間は通常30分程度です。

合併症について

手術前に主治医から、十分にご説明させていただきますが、稀に以下のような合併症が発生します。

  1. 椎間板炎
    → 痛みが出ることがあり、薬を使用
  2. 椎体壊死・骨折
    → 痛みが出ることがあり、薬を使用
  3. 神経障害
    → ほとんど自然に消滅
  4. 皮下・筋肉内出血
    → ほとんど自然に消滅
  5. 薬剤アレルギー(局部麻酔、抗生物質)

この治療をはじめ、先端医療全体について、安全性や治療実績、患者さまの感想、術後の注意点など、説明を受けたい方には専用スタッフが詳しくご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みなら、東大阪市にある
田邊整形外科医院まで、お気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください
  • 外科・整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科
  • 一般内科
  • 神経内科
  • 皮膚科
  • 日帰り手術センター
  • 健康診断
  • MRI検査
  • 椎間板ヘルニア
  • 人工関節置換術
  • PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)
  • 通所リハビリテーション

〒579-8014
 大阪府東大阪市中石切町1-9-18

【近鉄けいはんな線「新石切駅」から徒歩8分。駐車場・駐輪場完備】

交通・アクセスについて
072-988-5557

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00
FAX:072-943-2271

  • 072-988-5557
  • FAX:072-943-2271

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00

当院は予約制ではございません

診療時間
8:30〜12:00
9:00〜12:00
16:30〜19:00

日曜・祝日・年末年始は休診です。
※受付時間と担当医は、急遽変更になる場合がございます。

Copyright © 医療法人深緑会 田邊整形外科医院 All Rights Reserved.