医療法人深緑会 田邊整形外科医院

診療のご案内MEDICAL

骨密度測定検査について

骨密度測定検査とは

骨密度とは、骨を構成しているカルシウムなどのミネラル類が、骨にどれくらい詰まっているかを表すもので、骨の強さを示す指標です。

この骨密度の状態を調べる検査のことを骨密度測定検査といいます。

骨密度測定検査は、骨粗しょう症の精密検査や、骨粗しょう症の治療効果の経過観察、また骨折の危険性を予測するためにおこないます。

骨粗しょう症とは

加齢などに伴って骨の密度が低くなり、骨折をしやすい状態のことを言います。

自覚症状が乏しく、「背中が丸くなる」「身長が縮む」といった症状が徐々に起こるため、「病気」と気付かないことが多いのが特徴ですが、骨がもろくなっているのを知らずに転倒して、大腿骨頸部を骨折をすると、歩行障害や寝たきりになることがあります。

将来のQOL(生活の質)を維持するためには、定期的に骨密度の測定を行い、骨密度の減少を早期に発見することで、骨粗しょう症に対する適切な治療と予防を行なうことが重要なのです。

骨密度測定の種類

DXA(デキサ)法

エネルギーの低い2種類のエックス線を用いて測定する方法で、現在最も正確に骨密度を測定することが出来ます。 一般的に腰椎や大腿骨、橈骨を測定し、骨粗しょう症の診断に使用されています。

MD(エムディ)法

エックス線を用いて手の骨とアルミニウム板とを同時に撮影し、骨とアルミニウムの濃度を比較して骨密度を測定します。

超音波法

かかとの骨に超音波を当て、骨の強さを反映する測定方法です。
放射線を使用しないため、被ばくの心配がありません。

ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みなら、東大阪市にある
田邊整形外科医院まで、お気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください
  • 外科・整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科
  • 一般内科
  • 神経内科
  • 皮膚科
  • 日帰り手術センター
  • 健康診断
  • MRI検査
  • 椎間板ヘルニア
  • 人工関節置換術
  • PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)
  • 通所リハビリテーション

〒579-8014
 大阪府東大阪市中石切町1-9-18

【近鉄けいはんな線「新石切駅」から徒歩8分。駐車場・駐輪場完備】

交通・アクセスについて
072-988-5557

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00
FAX:072-943-2271

  • 072-988-5557
  • FAX:072-943-2271

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00

当院は予約制ではございません

診療時間
8:30〜12:00
9:00〜12:00
16:30〜19:00

日曜・祝日・年末年始は休診です。
※受付時間と担当医は、急遽変更になる場合がございます。

Copyright © 医療法人深緑会 田邊整形外科医院 All Rights Reserved.