医療法人深緑会 田邊整形外科医院

手術・治療のご案内TREATMENT

椎弓切除術について

椎弓切除術とは

椎弓切除術ついきゅうせつじょじゅつは、椎弓の一部と黄色靭帯を切除して、脊髄の圧迫を取り除く手術療法のことで、主に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などの治療で、保存療法が効かなかったり、麻痺が強い場合、また、日常生活に支障があって本人が希望する場合などにおこないます。

手術について

手術は、感染を予防するため、熟練した執刀医が短時間で確実におこなうので安心です。

まずは、麻酔導入後、うつ伏せになり、背中の皮膚を切開します。

続いて、椎弓の一部と黄色靱帯を切開し、 圧迫されている神経根を確認して靱帯、骨を摘出します。

最後に、神経への圧迫がとれたのを確認して、切開した部分を縫合して終了です。

手術時間は通常1時間程度です。
また、脊椎を安定させる方法として、椎弓切除術をおこなった後に、脊椎固定術をおこなう場合があります。

合併症とリスクについて

手術前に主治医から、合併症について十分にご説明させていただきますが、脊椎手術のため、稀に以下のような合併症やリスクが発生します。

  1. 感染症(患部の腫れ、痛み、発熱といった症状)
  2. 血栓症(血管内に血の塊ができる)
  3. 脊髄液漏出
  4. 脊椎変形、不安定性
  5. 神経根の損傷、排尿・排便障害

術後について

入院期間は1週間程度で、手術の翌日からコルセットを装着して歩行することが可能です。
コルセットは1ヶ月ほど継続して装着していただきます。

退院後は、定期的に経過観察をおこない、状態を確認します。

ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みなら、東大阪市にある
田邊整形外科医院まで、お気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください
  • 外科・整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科
  • 一般内科
  • 神経内科
  • 皮膚科
  • 日帰り手術センター
  • 健康診断
  • MRI検査
  • 椎間板ヘルニア
  • 人工関節置換術
  • PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)
  • 通所リハビリテーション

〒579-8014
 大阪府東大阪市中石切町1-9-18

【近鉄けいはんな線「新石切駅」から徒歩8分。駐車場・駐輪場完備】

交通・アクセスについて
072-988-5557

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00
FAX:072-943-2271

  • 072-988-5557
  • FAX:072-943-2271

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00

当院は予約制ではございません

診療時間
8:30〜12:00
9:00〜12:00
16:30〜19:00

日曜・祝日・年末年始は休診です。
※受付時間と担当医は、急遽変更になる場合がございます。

Copyright © 医療法人深緑会 田邊整形外科医院 All Rights Reserved.