医療法人深緑会 田邊整形外科医院

手術・治療のご案内TREATMENT

脊椎固定術(PLIF)について

脊椎固定術(PLIF)とは

脊髄の圧迫を取り除く手術の後に脊椎を安定させる為の手術

神経が圧迫されることで起こるしびれや激しい痛みの治療として、神経を圧迫している部分を切除することで、しびれや痛みを緩和する治療があります。

その治療を行った際、脊椎を安定させる方法として用いられるのが、脊椎固定術です。

主に転落などのハイエネルギー外傷による骨折や、脊柱管狭窄症、脊椎不安定症(すべり症)に対して施術することが多いです。

神経を圧迫している部分を切除した後、患者さん自身の骨(移植骨)や、人工骨を挿入して固定し、さらに、プレートやロッド、スクリューを用いて脊椎の安定性を高めます。

大きく分けて、後側方固定術(PLF)と後方侵入椎体間固定術(PLIF)があり、当院では、後者の治療を採用しております。

適応となる主な疾患

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症・すべり症
  • 腰椎不安定症
  • 脊椎側弯症
  • 椎間板変性疾患
  • 椎間板起因の痛み
  • 脊髄腫瘍
  • 脊椎骨折
  • 脊柱側弯症
  • 脊椎症

その他脊椎変性を伴う症状、脊椎を不安定にする症状 など

手術方法

神経を圧迫している靭帯や骨を切除して、神経の圧迫を解放します。

その後、変性した椎間板を取り除き、取り除くことでできた椎体の空間に、患者さん自身の骨(移植骨)や、人工骨を挿入して固定します。

さらに、プレートやロッド、スクリューを用いて脊椎の安定をはかります。

脊椎固定術の特徴

  • 健康保険が適用されます。
  • 手術は全身麻酔でおこないます。
  • 脊椎分離症や脊椎すべり症、脊椎骨折などで、保存療法では症状の改善が困難な時に検討される手術です。
  • 約7割以上の患者さまが、神経麻痺や激しい痛みが改善されています。

手術に伴うリスクと合併症について

脊髄の損傷が生じるのは稀で、1%以下です。ただし、脊椎手術のため、以下のようなリスクがあります。

  1. 手術後の出血
  2. 感染症
  3. 器具に関する合併症
  4. 血栓
  5. 麻酔に伴う合併症

ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みなら、東大阪市にある
田邊整形外科医院まで、お気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください
  • 外科・整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科
  • 一般内科
  • 神経内科
  • 皮膚科
  • 日帰り手術センター
  • 健康診断
  • MRI検査
  • 椎間板ヘルニア
  • 人工関節置換術
  • PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)
  • 通所リハビリテーション

〒579-8014
 大阪府東大阪市中石切町1-9-18

【近鉄けいはんな線「新石切駅」から徒歩8分。駐車場・駐輪場完備】

交通・アクセスについて
072-988-5557

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00
FAX:072-943-2271

  • 072-988-5557
  • FAX:072-943-2271

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00

当院は予約制ではございません

診療時間
8:30〜12:00
9:00〜12:00
16:30〜19:00

日曜・祝日・年末年始は休診です。
※受付時間と担当医は、急遽変更になる場合がございます。

Copyright © 医療法人深緑会 田邊整形外科医院 All Rights Reserved.