医療法人深緑会 田邊整形外科医院

診療のご案内MEDICAL

変形性関節症について

変形性関節症とは

変形性関節症は、骨と骨との間の軟骨がすり減ってしまい、関節に痛みが出たり、関節の骨などが摩擦を起こして炎症したり、水がたまったりする症状のことです。

また、骨棘こつきょくという骨に、棘のような突起ができて関節が変形しいくのが特徴で、最初のうちは、動いたときや立ち上がったときに痛みを感じるだけなので、通院しないで放っておく方も多くいらっしゃいますが、一度変形してしまった関節は元には戻りません。

早めに病院・診療所を受診し、適切な治療を始めることがとても大切です。

変形性関節症について
変形性関節症について

変形性関節症が起こりやすい関節

特に起こりやすいのは、背骨、股関節、膝の関節などですが、手指の関節にも起こり、指の変形の原因になります。

また、首や足の指、肩、肘などの全身のあらゆる関節に起こります。

当院で扱う主な変形性関節症

  • 変形性脊椎症
  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 変形性足関節症

変形性関節症の主な症状

  • 痛みがある
  • 水がたまる
  • 腫れる
  • 動かし難い
  • O脚変形
    (膝の場合)
  • 動かした時に
    音がする
  • 歩きづらい

変形性関節症の種類について

変形性関節症はその原因によって、一次性関節症と二次性関節症に分けられます。

一次性関節症

一次性関節症は、原因がはっきりしない変形性関節症のことで、加齢や肥満などが原因で発症すると考えられています。変形性膝関節症は、このタイプが多いです。

二次性関節症

二次性関節症は、骨折や靭帯損傷などの外傷や、慢性関節リウマチ・痛風・化膿性関節炎などが原因で発症する変形性関節症のことです。

変形性関節症の診断について

多くの場合、変形性関節症はX線検査や、CT、MRI検査などでみた関節の状態から診断します。

変形性関節症の類似疾患について

変形性関節症と似た疾患には、以下のようなものがあります。

  • 関節リウマチ
  • 結晶性関節炎(痛風、偽痛風など)
  • 化膿性関節炎
  • 外傷(靭帯損傷など)、骨壊死

これらの類似疾患と変形性関節症を区別するために、リウマチ因子という物質を調べる血液検査を行うこともあります。

変形性関節症の治療について

初期段階の場合、薬物療法や関節注射、運動療法や物理療法といった「保存療法」をおこないますが、痛みの症状が改善しない場合、患者さまのQOL(生活の質)の向上を第一に考え、当院では「手術療法(人工関節置換術)」をおこない、「痛み」をとり、関節の機能改善を目指します。

人工関節置換術とは

関節を金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工の関節と置き換える手術です。

当院でおこなう人工関節置換術

ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みなら、東大阪市にある
田邊整形外科医院まで、お気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください
  • 外科・整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科
  • 一般内科
  • 神経内科
  • 皮膚科
  • 日帰り手術センター
  • 健康診断
  • MRI検査
  • 椎間板ヘルニア
  • 人工関節置換術
  • PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)
  • 通所リハビリテーション

〒579-8014
 大阪府東大阪市中石切町1-9-18

【近鉄けいはんな線「新石切駅」から徒歩8分。駐車場・駐輪場完備】

交通・アクセスについて
072-988-5557

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00
FAX:072-943-2271

  • 072-988-5557
  • FAX:072-943-2271

受付時間:7:00-12:00 16:00-19:00

当院は予約制ではございません

診療時間
8:30〜12:00
9:00〜12:00
16:30〜19:00

日曜・祝日・年末年始は休診です。
※受付時間と担当医は、急遽変更になる場合がございます。

Copyright © 医療法人深緑会 田邊整形外科医院 All Rights Reserved.